読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きよみず だにー

元々はお好み焼き「きよみず」のブログでしたが、最近は盲目猫 琵琶丸と ちょとおかしな猫 きなこのブログです。お好み焼きはほぼ出てきません。

チビ猫の話 ⑤

診察の結果わかったことは…

 

生後一ヶ月くらいの男の子

体重440g

栄養状態が悪くて痩せている

体温35℃台低体温

心音はしっかりしてる

 

そして…

 

 

右眼球欠損…

 

 

生まれつきなのか、原因はわからないらしい

 

生きることはできるでしょうと言われ

点滴、注射、点眼をしてもらった

エサは、シリンジで飲ませてくれた

ノミや耳ダニはいなかった

 

抗生剤と抗炎症剤と整腸剤の内服薬と、

点眼薬が2種類処方された

 

ダンナは、片目じゃ貰いてつかないねって

言ったけど、左目が治って、風邪も治れば

エサを自分で食べたり、トイレも覚えるはず

 

片目でもエサとトイレの手間がかからなければ

きっと貰いては見つかると、私は信じてた

 

せっせと顔を拭き、点眼をし、エサは子猫用の

離乳食と流動食を混ぜて、シリンジで飲ませた

 

だんだん元気が出てきて、嫌がって抵抗する

ようになった

薬が効いて、鼻水とくしゃみは減った

目やには少し減ったけど、あんまり良くならない

 

エサは、朝と帰宅後、寝る前の3回しか

あげられない

エサは一応置いて出るが、まったく減ってなかった

なので、帰宅後はすごくお腹を空かせていて、

部屋に入ると大きな声で鳴いて催促し、

シリンジを自分でつかんで上手に飲めるようになった

 

そして、子供がエサをあげていたとき、

子供の手にこぼれたエサを、自分から舐めたのだ!

もしかしたら、匂いがわかるようになったのかも、

試しにエサをスプーンにのせて口元に持っていってみた、

そうしたら、匂いをかいで、スプーンからエサを

食べ始めた!

ちょっと顔を離すともうわからなくなってしまうけど、

自分からエサを食べられるようになった

ホンットに良かった(涙)

 

⑥に続く~

 

by 白順

f:id:kiyomizu22233:20140702084502j:plain