読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きよみず だにー

元々はお好み焼き「きよみず」のブログでしたが、最近は盲目猫 琵琶丸と ちょとおかしな猫 きなこのブログです。お好み焼きはほぼ出てきません。

チビ猫の話 45 穴があったら・・・入りたい

ピーちゃんが改名した理由について

 

ショップの店員さんに性別を聞いたら、

女の子だと言うので、ピーターラビット

女の子だから、ピー子と名付けた

 

うちに来てすぐに足を傷めてしまい、病院

に連れて行った

捻挫だろうということで注射をし、薬を

もらった

 

足はすぐに良くなり、ピーちゃんはどんどん

大きくなった

ある日、ピーちゃんを撫でていたら、なんだか

下腹のあたりにコブのようなものが触れた

見てみると、黒っぽい腫れ物がある

 

げっ歯類は悪性腫瘍が出来やすいと何かで

読んだので、私はすっかり気が動転して

しまい、あわてて捻挫のときに行った病院へ

連れて行った

 

待合室で、ペットを連れたおばさんが、

あら、かわいいウサギちゃんね、どうなさったの?

と聞いてきたので、私は涙ぐみながら

ガンになってしまったようで...

と答えた

おばさんは、とても気の毒そうな顔をした

 

診察室に呼ばれて、お腹に腫れ物ができた

ことを医師に説明した

医師は、ピーちゃんを触診して、

何もありませんよ?

と言った

 

そんなはずはない

私はピーちゃんの体をひっくり返して、

ここです、これ!

あっ二つもある!

と示した

腫れ物は左右に一つずつあった

 

すると医師は、

...これはタマですよ

と言った

私はなんのことか理解できず

はっ?タマ?って...なんのタマでしょうか?

と聞いた

医師は

睾丸です

と答えた

 

やっと医師の言葉の意味を理解した私は

センセイ、この子は女の子ですよ

と言った

医師は、

いえ、男の子ですよ

と答えた

 

ショップで女の子と言われたことや、捻挫

で受診したときも、医師に女の子だと

言われたことを話したら、

いやぁそのぉ...子ウサギの性別は

わかりにくいんですよねぇ...

と言われた

 

待合室に戻ると、話し声は筒抜けだった

らしく、先ほどのおばさんが笑いをこらえ

ながら、

ガンじゃなくてよかったわね

と話しかけてきた

私は穴があったら入りたい心境だった

 

会計で、

カルテの名前...どうします?

と聞かれたので、とっさに、

ピー太に変えてください

と言った

 

そうして、ピー子はピー太になったのだった

 

ピーちゃんがいたときは、野菜くずを食べて

くれたので生ゴミが少なかったが、

猫はそういうわけにいかない

キャベツの芯を見るたびに、ピーちゃんを

思い出すのだった

 

46へ続く~

 

by 白順

f:id:kiyomizu22233:20141002091217j:plain