読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きよみず だにー

元々はお好み焼き「きよみず」のブログでしたが、最近は盲目猫 琵琶丸と ちょとおかしな猫 きなこのブログです。お好み焼きはほぼ出てきません。

チビ猫の話 10

f:id:kiyomizu22233:20140710083558j:plain

琵琶丸は、新潟での3日間の間にずいぶん元気になった

 

新潟から帰った翌日、A病院へ連れて行った

 

A病院は、南浦和で古くから開業している猫専門

病院である

この日は、院長先生が診察してくれた

 

まず、体重を計った

640g

たった10日足らずで200g増えていた!

 

体温は、36.5℃

前回よりは高くなったが、猫の体温としては

まだまだ低い

確かに、琵琶丸は体が冷たかった

猫を触ったときに伝わってくる温かさが

感じられないのだ

もっと温めてあげなきゃ

 

そして目は…

 

今は炎症のせいで腫れ上がっているけれど、

炎症がおさまれば、逆に小さくなって

引っ込んでくる

目は見えないが、摘出や縫合、義眼などの

処置は必要ない

 

てんかんや脳の障害について聞くと、

治療をちゃんとしているので、可能性は

低いと思います

とのことだった

 

さらに先生は、

目が見えなくても生活できます

ちゃんと、自分で物の場所を覚えますから

ただ、後遺症として、目やにや涙、

鼻水は残るでしょう

 

目を引っ掻くのを防ぐためにエリザベス

カラーをつけると、非常に不自由になりますから、

傷つけたらその都度治していきましょう

 

まだ風邪が治らないので隔離は続けること、

風邪が治れば、きなこと接触しても大丈夫

なので、そのことも踏まえて便の検査も

しておくといいでしょう

抗生剤の種類を変えてあと10日間飲ませ、

点眼も無くなるまで続けてください

 

…というわけで、この日は薬と便容器だけ

貰って終わり

注射も点滴もなかった

私もダンナも、即入院、即手術とか言われたら

どうしようかとドキドキしていた

ので、ホッとした

 

でも左目は、やっぱりダメだった

 

私も納得できたので

矢島琵琶丸 の名前で診察券を

作ってもらって帰った

 

11へ続く~

 

by 白順